講座概要

会合名称

日本産学フォーラム リベラルアーツ企業研修会(第7回)

開催日時 2020年 1月 23日(木) 午後6時30分 ~ 午後10時00分
開催場所

大手町サンケイプラザ 3階 311号室

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2 TEL: 03-3273-2230

※※車でお越しの場合はこちらをご参照ください。【駐車場(有料)7:00~23:30 30分400円】※※

講師

講演タイトル

講演要旨

 

副島 豊(そえじま ゆたか)日本銀行 決済機構局審議役 FinTechセンター長

経歴:1990年京都大学卒、1998年米ワシントン大経済学修士。1990年日本銀行入行。金融研究所、金融市場局、金融機構局、決済機構局、調査統計局、国際局、フランクフルト事務所長を歴任。金融市場や決済・金融システム、実体経済の調査やリスク解析、制度のデザイン、国際規制設置などに従事し、これらの業務分野にネットワーク分析やAIの応用、人工金融市場のシミュレーション、高頻度データ解析、オークション実証分析、定量分析に基づく制度や規制のデザインなど、新しいアプローチ手法を導入した。金融システムレポートやマーケットレビュー(日銀レビューの前身)など日本銀行の代表的なレポート類の立ち上げにもかかわる。函館・仙台支店長を経て、2018年4月より現職。

講演タイトル「ネオマネーの登場がもたらすマネー・決済システムの構造変化」
講演要旨:近年、新しいキャッシュレス決済や国際送金サービスが登場している。ポイントの疑似マネー化や中央銀行デジタルマネーなど、マネーの概念を拡大するような動きも生じている。同時に、これらのネオマネーを支えるマネーシステムや決済インフラにも構造変化が生じつつある。これらを俯瞰することで、マネーやマネーシステムの再考を試みる。

松元 崇 (まつもと たかし) 国家公務員共済組合連合会理事長、元内閣府事務次官

経歴:1952年東京生まれ。元内閣府事務次官。東京大学法学部卒業。大蔵省に入省し、財務省主計局次長、熊本県企画開発部長、内閣府官房長などを歴任。スタンフォード大学経営大学院修了(MBA)。退官後、第一生命経済研究所特別顧問、三菱マテリアル取締役を経て、現在、国家公務員共済組合連合会理事長。日本ボート協会理事。
著書:『大恐慌を駆け抜けた男 高橋是清』中央公論新社2009年、 『恐慌に立ち向かった男 高橋是清』中公文庫2012年、『高橋是清暗殺後の日本―「持たざる国」への道』大蔵財務協会2010年、『持たざる国への道―あの戦争と大日本帝国の破綻』中公文庫2013年、『山縣有朋の挫折―誰がための地方自治改革』日本経済新聞出版社2011年、『リスク・オン経済の衝撃―日本再生の方程式』日本経済新聞出版社2014年、『「持たざる国」からの脱却 日本経済は再生しうるか』中公文庫2016年、『日本経済 低成長からの脱却 縮み続けた平成を超えて』NTT出版2019年。

講演タイトル「歴史に学ぶマネーの本質-ハイエクの貨幣発行自由論」
講演要旨:第2次世界大戦後、自由主義の思想家でノーベル経済学賞受賞のハイエクは中央銀行の廃止と貨幣の自由発行を主張した。ネオマネーの登場は、中央銀行の存在を当たり前としている今日の経済に大きな見直しを迫る可能性を持っている。実は、我が国は、江戸時代に各藩が藩札をそれぞれに発行していた歴史を持っているのである。
講座スタイル

講師の講演後、質疑応答。グループ毎の島形レイアウト。

※当日はお弁当・お飲み物をご用意いたします。

研修生の皆様へ

①課題図書(読書範囲指定あり)がもう一冊追加されました。研修生の皆様には郵送にてお送りいたします。

グルーピングについて:第7回よりグループ再編成を行います。後日メールにてご案内いたします。

事前準備:まずは課題図書をご一読ください。その後Slackにて当日に間に合うタイミングで各グループ内で副島様と松元様の課題図書から得た問いをご議論いただき、各グループでまとめた問いを当日朝9時までにご提出ください。

やむなくご欠席の方は、日本産学フォーラム 伊東(ito@buf-jp.org)までメールにてご連絡ください。

(ご出席の方はご連絡不要です。)

オブザーバー参加 傍聴をご希望の方はこちらよりご登録をお願いいたします。

 

課題図書

2冊:

『日本史に学ぶマネーの論理』

  飯田泰之著(PHP研究所)

 

(※研修生の皆様へは配布済み。)

 

オブザーバー参加の皆さまへ:

ご希望の方は各位下記リンクよりご購入をお願いいたします。
Amazon
紀伊國屋書店

『持たざる国への道 あの戦争と大日本帝国の破綻

  松元崇著(中公文庫)

 

課題読書範囲:第2部、第1章「江戸の通貨制度」

(※研修生の皆様へは郵送にて配布いたします。)

 

オブザーバー参加の皆さまへ:

ご希望の方は各位下記リンクよりご購入をお願いいたします。
Amazon
紀伊國屋書店

 

講師・副島様から、関心がある方への参考図書として下記書籍も

ご紹介いただきました。

  • 「21世紀のマネー論」

           フェリックス・マーティン著(東洋経済新報 2014年 2600円)

  • 「贈与の歴史学:儀礼と経済のあいだ」

           桜井英治著(中公新書 2011年 880円)