講座概要

会合名称 日本産学フォーラム リベラルアーツ企業研修会(第2回)
開催日時 令和元年8月22日(木) 午後6時30分 ~ 午後10時00分
開催場所

大手町サンケイプラザ 304号室

※車でお越しの場合はこちらをご参照ください。

講師


隠岐さや香(名古屋大学大学院経済学研究科教授)

経歴:東京都出身。東京大学大学院総合文化研究科博士課程満期退学。博士(学術)。

フランスの社会科学高等研究院(EHESS)留学後、日本学術振興会特別研究員(PD)、

東京大学特任研究員、玉川大学GCOE研究員、広島大学大学院総合科学研究科准教授、のち現職。

著書に『文系と理系はなぜ分かれたのか』(星海社新書)、『科学アカデミーと「有用な科学」

–フォントネルの夢からコンドルセのユートピアへ』(名古屋大学出版会・第33回サントリー学芸賞受賞)。

共著に『科学の真理は永遠に不変なのだろうか』(ペレ出版)、『科学思想史』(勁草書房)などがある。

講演タイトル 「「リベラルアーツ」を文系・理系の歴史から考える」
講演要旨

現代におけるリベラルアーツへの関心の高まりは、学問分野が細分化した現状への反発という側面がある。

現代の状況を作り出した学問分岐の歴史を振り返ることで、改めて「リベラルアーツ」として何が今求められるに

至ったのかを検討する。適宜、理科系と文科系、産業界と学界、個別性と普遍性などのテーマにも触れる。

講座スタイル

グルーピングについて:Slackにてご案内いたします。

事前準備:課題図書をご一読ください。近日中に研修生各位へSlackにて連絡させていただきますので、
各グループのワークスペースへ参加してください。

その後は、Slack上にてグループメンバーで講師に対する問いを立てていただきます。

※当日はお弁当・お飲み物をご用意いたします。

研修生の皆様へ

やむなくご欠席の方は、日本産学フォーラム 伊東(ito@buf-jp.org)までメールにてご連絡ください。

(ご出席の方はご連絡不要です。)

オブザーバー参加 傍聴をご希望の方はこちらよりご登録をお願いいたします。

 

課題図書

1冊:『文系と理系はなぜ分かれたのか』

(※研修生の皆様へは配布済み。)