講座概要

会合名称

日本産学フォーラム リベラルアーツ企業研修会(第14回)

開催日時

2020年 9月 2日(水)午後7時00分~午後10時00分

開催場所

オンラインZoom開催

講師

 

竹村 牧男(たけむら まきお) 東洋大学 前学長

東京都出身(72歳)。博士(文学)。
1974年3月東京大学人文科学研究科(印度哲学)修士課程修了。75年4月東京大学人文科学研究科(印度哲学)博士課程中退。文化庁宗務課専門職員、三重大学助教授、筑波大学助教授、同教授を経て、2002年4月、東洋大学文学部教授就任。07年文学部長を経て、09年9月より学長就任。15年4月より文学研究科仏教学専攻教授。20年3月、学長退任。2002年筑波大学名誉教授就任、2020年東洋大学名誉教授。


専門領域は仏教学、宗教哲学。

 

日本宗教学会理事、比較思想学会理事等を務める。

 

◆受賞等
日本印度学仏教学会賞(1984年)、日本宗教学会賞(1986年)、第17回中村元東方学術賞(2007年)、井上円了賞(2008年)。

 

◆主な著作
『入門 哲学としての仏教』(講談社現代新書、2009年)、『日本仏教 思想のあゆみ』(講談社学術文庫、2015年)、『<宗教>の核心-西田幾多郎と鈴木大拙に学ぶ-』(春秋社、2012年)、『空海の哲学』(講談社現代新書、2020年)など多数。

 

講演タイトル 「東洋・日本思想の独自性と日本の役割」

講演要旨

西洋のグローバリズムの規範が世界を覆う中で東洋や日本の思想はどのような特色が有って、どのような貢献ができるのか、を考える。
講座スタイル

講師の講演後、質疑応答。グループ分けあり。

研修生の皆様へ

①グルーピングについて:1月からの新グループ適用(下記の通り。敬称略)

❑ Team-A: 城戸崎・菊田・星野・森本  
❑ Team-B: 梅原・齋藤・佐倉・南井 
❑ Team-C: 川名・竹吉・山本・荻野(松井より交代) 
❑ Team-D: 磯部・佐藤・吉田 

②事前準備:まずは課題図書をご一読ください。その後Slackにて当日に間に合うタイミングで各グループ内で竹村先生の課題図書から得た問いをご議論いただき、各グループでまとめた問いを当日朝9時までにご提出ください。

やむなくご欠席の方は、日本産学フォーラム 伊東(ito@buf-jp.org)までメールにてご連絡ください。

(ご出席の方はご連絡不要です。)

オブザーバー参加

オブザーバー参加をご希望の方へ:

Zoomウェビナー視聴者登録を下記URLより、8月28日(金)迄にお願いいたします。

ご登録後、ウェビナー視聴者参加に関する確認メールが届きますので、ご確認お願いいたします。

 

開催時刻:2020年9月2日 07:00 PM 大阪、札幌、東京 
トピック:日本産学フォーラム リベラルアーツ企業研修会(第14回)
このウェビナーに事前登録する:

 

 

課題図書

1冊:(下記2冊のうち、いずれかをお読みください。)

『“宗教”の核心―西田幾多郎と鈴木大拙に学ぶ』竹村牧男著(春秋社 (2012/10/15))
   Amazon
(※中古品で高額になっていて入手困難な場合がございます。)

  『日本人のこころの言葉 鈴木大拙』竹村牧男著(創元社 2018/6/5))
      Amazon

 

(※研修生の皆様へ:各自ご購入の上、購入明細もしくは領収書をご提出願います。
(※オブザーバーの皆様へ:
ご希望の方は各位ご購入をお願いいたします。)