News & Events バックナンバー
米産学フォーラム冬季会合報告 の掲載 2006年02月11日掲載
 2006年1月26〜27日(一部30日)にアメリカ・スコッツデール(一部ロスアンゼルス)で開催された米産学フォーラム冬季会合の報告を掲載しました。

報告(PDF形式:28KB)

米産学フォーラム冬季会合の報告を掲載しました。 2006年2月11日掲載
グローバル・イノベーション・サミットの要旨改訂版を掲載しました 2005年11月15日掲載
グローバル・イノベーション・サミットの要旨を掲載しました。 2005年11月10日掲載
日本産学フォーラムのホームーページを一部更新しました。 2005年11月4日掲載
ステファン・ジョエル・トレクテンバーグ氏を囲んでの昼食会開催 2005年11月04日掲載
 2005年9月17日(土)、ジョージワシントン大学学長のステファン・ジョエル・トレクテンバーグ氏を囲んで、大学の経営について意見交換しました。米国における大学経営のリーダーとしての長年の経験からお話は極めて刺激的なものでした。
グローバル・イノベーション・サミット
〜世界の発展に向けた新たな戦略〜が名古屋で開催

2005年11月04日掲載
2005年11月15日改訂

 2005年9月15日(木)名古屋東急ホテルにおいて、日米を中心に環太平洋諸国、アジア、英国などから産業界、学界のリーダーが集まり、21世紀のイノベーションについての会議を米国競争力評議会、経済産業省、文部科学省などと共催で開催いたしました。

要旨改訂版(PDF形式:42.8KB)



日本産学フォーラムのホームーページを一部更新しました。 2005年7月22日掲載
平成17年度 第1回 本委員会が開催されました。 2005年7月19日掲載
日本産学フォーラムのホームーページを一部更新しました。 2005年01月19日
Louis Turner氏をお招きしての講演会開催 2005年06月06日掲載
 2005年05月30日(月)、イギリス・チャタムハウスよりLouis Turner氏をお招きし、講演会を開催いたしました。
日本産学フォーラムのホームーページを一部更新しました。 2005年06月06日
平成17年度 第1回 幹事会が開催されました。 2005年06月03日
平成16年度 第1回 コア幹事会が開催されました。 2005年01月26日
Gail Cardew氏、Clare Moss氏をお招きしての朝食会開催 2005年05月23日掲載
 2005年04月22日(金)、英国王立研究所プログラムディレークターのゲイル・カーデュー氏ならびにクレア・モス氏をお招きし、朝食会を開催いたしました。s
日本産学フォーラムのホームーページを一部更新しました。 2005年05月23日
日本産学フォーラムのホームーページを一部更新しました。 2005年01月27日
Michael W. Michalak氏をお招きしての朝食会開催 2005年01月19日掲載
 2004年11月10日(水)、在日米国首席公使(DCM)Michael W. Michalak氏をお招きし、朝食会を開催いたしました。
Stephen Fodor氏をお招きしての朝食会開催 2005年01月19日掲載
 2004年10月27日(水)、Affymetrix社 会長のStephen Fodor氏をお招きし、朝食会を開催いたしました。
Herwig Schlogl氏、Iain M M Gillespie氏をお招きしての朝食会開催 2005年01月19日掲載
 2004年09月29日(水)、OECD事務次長のHerwig Schlogl氏およびバイオテクノロジー部門長のIain M M Gillespie氏をお招きし、OECDとの協力体制について活発な議論を交しました。
クリス・ヒル氏をお招きしての講演会開催 2005年01月19日掲載
 2004年09月15日(水)、George Mason大学Vice Provost for ResearchのChristopher T. Hill氏をお招きし、講演会を開催いたしました。朝食会界での議論をもとに、より深い議論を行ないました。
クリス・ヒル氏およびヘイター・ソウザ氏をお招きしての朝食会 2005年01月19日掲載
 2004年09月15日(水)、George Mason大学Vice Provost for ResearchのChristopher T. Hill氏およびUniversity of the Brazilian LegislatureのVice Rector、ヘイター・ソウザ氏をお招きし、朝食会を開催いたしました。ソウザ氏からは“Opportunities in Brazil”について、ヒル氏からは“University relations at US, and some advice based on US experience”に関してお話を伺いました。

平成16年度 第2回 本委員会が開催されました。 2004年11月24日
平成16年度 第3回 幹事会が開催されました。 2004年11月17日
Michael W. Michalak氏(在日米国首席公使(DCM))をお招きして朝食会を開催いたしました。 2004年11月10日
OECD事務次長のHerwig Schlogl氏、バイオテクノロジー部門長のIain M M Gillespie氏をお招きし、朝食会を開催いたしました。 2004年09月29日
ディビット・ストラングウェイ氏をお招きしての朝食会開催 2004年09月01日掲載
 2004年08月16日(水)、Sea To Sky University(SSU) 創立者、会長&CEOのDavid Strangway氏をお招きし、講演会を開催いたしました。ストラングウェイ氏は長年、ブリティッシュ・コロンビア大学学長としてカナダの学界の重鎮として教育、研究分野で活躍。今年3月末までカナダ・イノベーション財団(CFI)のプレジデントとして6年間、カナダの科学技術基盤の強化に力を注いでこられました。カナダにおける科学技術基盤の構築と人づくり戦略に関するお話と、カナダ初の私立大学設立に向けてのお話を伺った後、活発な意見交換を行ないました。

パトリック・クローニン氏をお招きしての朝食会開催 2004年09月01日掲載
 2004年08月05日(木)、CSIS(戦略国際問題研究所)副所長のパトリック・クローニン氏をお招きして朝食会を開催いたしました。米国の大統領選が近付いてきたということもあり、より最新の情報をもとに、大統領選の行方と日米関係についてお話をお伺いしました。
ゲイル・カーデュー氏をお招きしての朝食会開催 2004年09月01日掲載
 2004年07月29日(木)、英国王立研究所プログラムディレークターのゲイル・カーデュー氏をお招きし、朝食会を開催いたしました。王立研究所は1799年に科学研究の拠点として設立され、これまでにマイケル・ファラデーなど多数の世界的な科学者を輩出しています。カーデュー氏からは科学のコミュニケーション及び科学教育に関するお話などを伺った後、熱心な質疑応答が交わされました。

アーサー・カルバハウス氏をお招きしての朝食会開催 2004年06月17日掲載
 2004年06月17日(木)、オメルベニー・アンド・マイヤーズLLP会長のアーサー B. カルバハウス2世氏をお招きし、朝食会を開催いたしました。カルバハウス氏はベーカー大使の院内総務時代の主席立法補佐官兼顧問(Chief Legislative Assistant and Counsel)で、またレーガン元大統領の大統領首席法律顧問(閣僚)を務められました。日米関係についてお話を伺った後、アメリカ大統領選挙やイラク問題等に関して幅広くご意見をお伺いいたしました。

ダニエル・ポネマン氏をお招きしての朝食会を開催 2004年04月30日掲載
 2004年03月31日(水)に米国外交評議会エネルギー・セキュリティー・グループ現副議長ダニエル・ポネマン(Daniel B.Poneman)氏をお招きし朝食会を開催いたしました。ポネマン氏は1994年の米朝枠組み合意の立役者でおられ、国家安全保障会議で核不拡散及び輸出管理に関する元大統領特別補佐官を務められました。現在はスコークロフト弁護士事務所の上級弁護士、そして米国外交評議会エネルギー・セキュリティー・グループの副議長としてご活躍されています。主に安全保障問題について、忌憚のない議論が交わされました。
パトリック・クローニン氏をお招きしての臨時幹事会を開催 2004年01月26日掲載
 2004年1月22日(木)、CSIS(戦略国際問題研究所)副所長のパトリック・クローニン氏をお招きして朝食会を開催いたしました。
 クローニン氏からは安全保障問題と経済政策についてお話しいただきました。昨今、大変関心の高い問題ということもあり、活発な意見交換を行ないました。
特別ゲストをお招きしての本委員会を開催 2003年12月26日掲載
 平成15年度第2回の本委員会を2003年12月22日に開催し、特別ゲストとして相澤益男先生(東京工業大学学長)、宮田清蔵先生(東京農工大学学長)をお招きし、2004年4月からの国立大学の独立行政法人化に向けてのお話をお伺いしました。

ダン・クリッペン氏をお招きしての朝食会を開催 2003年07月01日掲載
 2003年6月27日(金)、前米国議会予算局(CBO)局長のダン・クリッペン(Dan Crippen)氏をお招きし、朝食会を開催いたしました。
 クリッペン氏のご専門は連邦予算・ヘルスケア・退職金・貿易・通信等と多岐に渡り、アメリカの財政事情と今後の日米関係(ヘルスケア・老齢年金 ・IT革新等)についてお話をお伺いいたしました。
ウェーバー学長をお招きしての朝食会を開催 2003年05月14日掲載
 2003年5月13日(火)、先の国際会議に講師としてご参加下さいましたドイツ・パーダーボン大学(University of Paderborn)のウェーバー学長及び、ヴィーラント事務長をお招きして朝食会を開催いたしました。
 当フォーラムの委員・幹事の皆様方の他、大学の学長、官庁の皆様方にもご参加いただき、産学連携について意見交換を行いました。
TEL:03-5733-6017  FAX:03-5733-6018 お問い合わせ ウェブサイトの利用に関して サイトマップ 
Copyright (C) 2002-2007 The Business-University Forum of Japan All Rights Reserved.